育毛剤と育毛シャンプーの違い

サイトマップ

抜け毛予防と対策なら育毛シャンプーで♪

抜け毛にお悩みの方必見!抜け毛の予防と対策シャンプー情報

TOPページ > 髪と頭皮の情報コラム > 育毛剤とは違う!育毛シャンプーの役割とは

育毛剤とは違う!育毛シャンプーの役割とは

薄毛や抜け毛の対策と言えば多くの方はまずは育毛剤の使用を考えるでしょう。

育毛剤は毛根や毛乳頭の髪が生えてくる根元に直接働きかけることで
発毛を促進するのが育毛剤の役割です。


対して育毛シャンプーは、
フケやかゆみなどのトラブルで頭皮が弱っていたり、発毛力が弱っていたりする頭皮を
アミノ酸系洗浄成分で優しく洗い、天然成分など頭皮にうるおいを与えたり
頭皮や毛根などを健康な状態へと頭皮環境を整える働きをするのが育毛シャンプーです。


育毛シャンプーは頭皮環境正常化

育毛剤は、毛根への発毛促進


育毛シャンプーと育毛剤の働きや役割は違います。

育毛剤の効果をより良く発揮させるためにも、
その土台となる頭皮環境を整える育毛シャンプーはおすすめです。

石油系洗浄成分やシリコンコーティング剤が配合されているシャンプーは、
洗浄力が強過ぎて頭皮に負担がかかるばかりか、弱った頭皮に育毛剤を塗布しても、
「思うような効果が実感できない」という方も少なくありません。

また、育毛剤を使わずに育毛シャンプーだけのヘアケアでも、
頭皮環境が整う事で、薄毛や抜け毛が気にならなくなったと実感される方も
実際にいらっしゃいます。(管理人も体験済み)

まずは、頭皮環境を正常に整える
シャンプーを変えるだけでできるヘアケア、試してみると良いと思いますよ。