弱酸性、アミノ酸シャンプー

サイトマップ

抜け毛予防と対策なら育毛シャンプーで♪

抜け毛にお悩みの方必見!抜け毛の予防と対策シャンプー情報

TOPページ > 髪と頭皮の情報コラム > 弱酸性(シャンプー)が良くないってホント!?

弱酸性(シャンプー)が良くないってホント!?

お肌に良いと言われて、弱酸性のシャンプー剤やボディーソープを買うことがあります。

最近では何でも弱酸性タイプのものばかり売られている気がしませんか?


抜け毛や薄毛予防にも、弱酸性が良いと言われています。
そもそも弱酸性ってどうして良いと言われているのでしょうか。

人の皮膚や髪は弱酸性です。


人と同じ弱酸性のものを使うと、肌トラブルを起こしにくいと言われています。
同じ弱酸性なら肌への刺激や負担が少ないからです。

しかし、一言で弱酸性といっていても、原料を見てみると石油系の弱酸性だったりすることがあります。

抜け毛や薄毛には弱酸性がいいからと、成分を確認しないで使用していても、原料が石油系だったら洗浄成分が強すぎて、頭皮トラブルを抱えている人には決して良いものだとは言えません。

弱酸性といっても、やはり石油系といわれる合成界面活性剤が入っていたら、頭皮やお肌に良くないですよね。

実際、弱酸性で石油系のシャンプー剤やボディーソープを使っていた人が、
肌トラブルで皮膚科にかかると医者からやめるように言われてしまいます。


肌トラブルを抱えている人にはそれほど刺激が強い成分なのです。

弱酸性のシャンプーが良くないのではなく、弱酸性で石油系のシャンプーが良くないということになります。

頭皮によい洗浄成分はアミノ酸系なので、頭皮のトラブルを予防出来ますし、
頭皮の状態を良い状態に保ってくれるでしょう。

弱酸性のアミノ酸系だと安心ですね。